眼精疲労や頭痛を解消!仕事中に発生する目の痛みにおすすめの対策品

みお

こんにちは、みおです。
今回は眼精疲労や頭痛の対策についてお話します。

長時間のパソコン作業や手先を使った細かい作業など、仕事中に眼精疲労を感じるシチュエーションは多くあります。疲労が溜まれば目の奥に痛みが生じ、頭痛や吐き気を誘発するケースもあるでしょう。

そのため、眼精疲労には早めの対策が必要です。この記事では、Webライターとして日々パソコンに向き合う私がおすすめする、眼精疲労解消の対策品をご紹介します。

目次

目を温める

眼精疲労は目を温め血行を良くすることで解消しやすくなります。蒸しタオルで温める方法もありますが、私は蒸しタオルよりも手軽に利用できる、繰り返し使用可能なホットアイマスクを購入ました。

繰り返し使える

電子レンジで30秒ほどチンするだけで使えるアイマスクです。あずきとセラミックのたっぷり蒸気で目元を温めます。1年間毎日使えるよう、繰り返しの使用可能回数は365回。かすか~にあずきの香りがする、心地良い商品です。

いろいろな香りがする使い捨てタイプのホットアイマスクも発売されていますが、電子レンジでチンするだけの手軽さとコストパフォーマンスの良さから、私はこちらを愛用しています。

目が疲れてきたと感じたら、休憩時間に数分使用するだけ。外した後は目の周辺がとてもスッキリしています。パソコン画面も鮮明に見えるようになり、気分転換にもおすすめです。

スマホ操作や読書などで目の奥に痛みを感じた際なども効果的。頭痛が発生した際も、目元を温めることで痛みが緩和します。

目薬で対処

眼精疲労には目薬も効果的です。私は朝・昼・夕と、1日3回必ず目薬をさします。

こちらは眼科医に勧められて以降、私が愛用している防腐剤が入っていない点眼薬です。目の症状は人によりさまざまなため、目薬購入時は医師や薬剤師さんに相談をしましょう。

目薬は疲労を感じる前に使用するのがおすすめです。眼精疲労が引き起こす頭痛や目の奥の痛みは、発生すると解消が難儀になります。そのため、私は疲れを感じる前の点眼を習慣化しました。ドライアイの予防にも効果があり、目の健康維持にもつながります。

肩こりには首肩用

眼精疲労に悩まされるような仕事をしている場合、肩こりをともなうケースも多いでしょう。私はアイマスクと併用して、首肩用の温めグッズも使用しています。

首肩用も繰り返し使える

こちらも電子レンジで数分チンするだけの便利商品です。イスに座った状態で使用すると重さは感じますが、首と肩を同時に温めることが可能で、頭痛予防にも役立ちます。

睡眠前の使用

アイマスクと首肩用の商品を、睡眠前に同時に使用するのもおすすめです。温かさが睡眠を誘発してくれるため、気がついたら寝ている……なんてこともあります。

蒸しタオルでは布団を濡らしてしまう可能性がありますが、こちらの商品ならそんな心配もありません。冬の寒い時期はもちろん、夏場に冷房で冷えた体の血行促進に使用しても良いでしょう。

眼精疲労のまとめ

今回は眼精疲労におすすめの対策品をご紹介しました。それぞれ目の奥の痛みや頭痛の予防・解消におすすめの商品です。

慢性的な肩こりに悩まされる方は、首肩用も併用しながら血行促進をおこなってください。1日の最後に、仕事で溜まった疲れを癒すための利用もおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました!
ランキングに参加中です。クリックしていただけると励みになります♪

↓   ↓   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる