HSPの特徴とは?自己肯定感が低い強度HSPの私の経験

みお

こんにちは、みおです。
今回はHSPのお話をします。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)という言葉をご存じでしょうか?最近では『繊細さん』という表現を使いメディアで紹介される頻度も増えたため、耳にしたことがある方も多いかもしれません。

私は2019年に、自分がHSPであることを知りました。HSPには音や光に敏感・周りに気を遣いすぎるなどの特徴があり、生きづらさを感じるケースが多いです。

生きづらさに心当たりがあるならば、あなたもHSPかもしれません。この記事では、HSPレベル『強』の私が、自身の経験をふまえながらHSPの特徴をご紹介します。

目次

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは

【参考書籍】

HSPはとても敏感な気質のことです。個人が生まれ持っているものであり、後天的に備わる性格や、病気などではありません。5人に1人が該当し、人間だけではなく動物にもあてはまります。

HSPの特徴

HSPの主な特徴がこちらです。

  • 物事を必要以上に深く考えてしまう
  • 五感が敏感で過剰に刺激を受けやすい
  • 人の気持ちに振り回されやすく疲れやすい
  • 不安を抱えやすい
  • 1人の時間を必要とする
  • 子ども時代に周囲の大人から『内気』『人見知り』『臆病』などと評価されやすい
  • 共感力が高い

HSPはそうでない人に比べ、脳がさまざまなものに過剰な反応を示すそうです。そのため敏感になりやすく、周囲の評価を気にする傾向があります。さらに脳内では深い情報処理が行われており、活動状態が長く続くため疲れやすいのも特徴です。

これが原因で、HSPは生きづらさを感じるケースが多いと言われています。

HSP診断

ここまで記事を読み、自分がHSPかもしれないと感じた方は診断をしてみましょう。

診断はこちら(HSP診断テスト-選ぶだけの簡単セルフチェック)で可能です。

全部で48項目ありますが、選択式なのでそれほど時間はかかりません。私はこの診断で強度HSPが判明しました(この記事を書くために再度診断したところ122点でした)

HSPあるある

ここからは私の経験談を基に、HSPあるあるをお話します。HSPの方であれば、共感できるエピソードがあるかもしれませんね。

毒親に育てられる

HSP気質を持つ子どもは、引っ込み思案で友達作りが苦手だったり、些細なことを気にしすぎたりする傾向があります。私も中学生ごろまではとても大人しく、休み時間は1人で本を読んでいるようなタイプでした。

そんな私に対し母がとった行動は『支配』です。「お母さんの言うことを聞きなさい」「あなたのためを思って言っているの」「どうせ1人じゃできないでしょ」と、母は自分の意見が言えない私を支配しました。

HSPは周囲の人の気持ちを敏感に察します。それは子どもでも変わりません。親や教師など、周囲の大人がまとう空気を敏感に察するHSP気質の子どもは、親の『支配欲』をすぐに理解し萎縮します。こうして親から否定されたり圧力をかけられたりするうちに、自我が芽を出しにくくなり、自己肯定感の低い性格へと進んでしまうケースが多いのです。

『HSP気質の子どもには毒親が多い』という情報もどこかで目にしたことがあります。大人しく、周りの空気を読みすぎるHSP気質の子どもは、親から見れば「自分がなんとかしてあげなければ」と過剰な干渉をしたくなるのかもしれません。しかしそれが結果として、子どもの自信を失わせていくことを親は理解すべきでしょう。

友人と旅行に行かれない

私は過去、友人と泊りがけで旅行に行ったことが1度しかありません。高校の卒業旅行で、仲の良かった友人と2人だけでの1泊旅行でした。

HSPは長時間人と一緒にいるのが苦手な傾向にあります。刺激に敏感で疲れやすいため、自分のペースで過ごす時間を好むからです。それはどんなに仲の良い友達でも変わりません。

HSPにも人によりそれぞれ特徴がありますが、私の場合は音にも敏感なので、誰かと同じ部屋では寝つきも悪くなります。そのため、私は友人と泊りがけの旅行はできません。

「気が利く・優しい」と褒められる

HSPは悪いことばかりではありません。相手のほんのわずかな表情の変化から、考えていることや気持ちの移り変わりを察することができます。その結果、「気が利く」「優しい」と褒められるケースが多いです。

今は在宅でwebライターをする私も、20代の頃はバリバリのキャリアウーマンでした。中には夜中の2時まで働いて、事務所のマッサージチェアで仮眠をとり、朝の4時から再び仕事をする……なんて働き方をしていた時期もあります。

そんな忙しい会社で、周囲の人の空気を敏感に察するHSPの能力が役に立っていたと実感するエピソードは多いです。例えば同僚が電話対応で困っていたら、同僚の発する言葉をヒントに必要な資料やメモを瞬時に差し出せます。また、相手の視線の動きから、求めているものや言葉を察し的確に対応することもできました。さらに声のトーンや一瞬変化した表情から、誰よりも早く相手の体調の変化に気づくことも可能です。

HSPであれば、こういった気配りが自然とできる人も多いのではないかと思います。

HSPまとめ

今回の記事ではHSPの特徴と私の経験談の一部をお話しました。しかしHSPは1記事で語りつくせるような気質ではありません。そして、HSPと自己肯定感の低さは切っても切れない関係だと思っています。だからこそ当ブログでは、今後も継続的にHSPについて語る予定です。

人と一緒だと疲れる。1人の時間が欲しい。そんなあなたはHSPかもしれません。HSPのこと、そして自分のことを知り、少しでも生きやすい人生を送りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!
ランキングに参加中です。クリックしていただけると励みになります♪

↓   ↓   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる