離婚したって1人で強く生きられる!今さら気づいた子なしアラフォー女の話

みお

こんにちは、みおです。
今回は、バツイチアラフォー子なし女性の私でも、知識があれば1人で生きていかれたのだろうなぁ……と実感したお話をします。

アラフォー・子なし・非正規社員・離婚歴アリ”これは、私が38歳で婚活を決意した当時のスペックです。

老後の不安に耐えきれず婚活をスタートしましたが、今になって思うのは「あの時の自分に資産運用の知識があれば、1人でもたくましく生きていかれたのではないか?」ということ。

この記事では、そんな”今さら考えてもどうしようもない、既婚筆者のぼやき”をお届けします。

目次

離婚後の生活

私は32歳で離婚をしたあと、再婚までの6年間は1人暮らしをしていました。20代の頃にも1人暮らしの経験があり、久しぶりの自由な生活に狂喜乱舞。マイペースでストレスのない時間を過ごしました。

1人暮らしの生活費

38歳当時、会社勤めをしていた私の手取りは月額14~16万円ほどでした。家賃は管理費を含めて7万2,000円。食費は月1万5,000円が目安です。

友人は少ないので交際費はあまり必要としませんでした。光熱費や美容代もケチりまくって、月に3~5万円を貯金。「1人で生きていく」という覚悟を決めたていたため、老後のための貯蓄に闘志を燃やしていたのです。

不安ばかりが募る

婚活をスタートしたきっかけは、勤めていた会社が2018年に実施した大規模な非正規社員切りでした。この記事を読んでくださっている方の中にも、派遣法改正のあおりを受け会社から雇止めをくらった人がいらっしゃるかもしれませんね。

とにかく私はいとも簡単に、10年以上務めた会社から捨てられたのです。時給が相場より高い会社だったため、切られさえしなければ再婚なんて考えていなかったでしょう。

新しい仕事はすぐに見つかりました。しかし時給は200円以上ダウン。手取りが月20万円を超える生活から、水準は暴落しました。ボーナスなどなく、派遣期間が満了すれば次の仕事を探さなければいけない不安定な生活のスタートです。

「このまま1人で生きていかれるのだろうか……」という不安に負けたのはそれから9ヶ月が経った頃。私は6年にも及んだ1人暮らしを抜け出す決意を固めました。

結婚後に気づいたこと

2度目の結婚とはいえ、相手が違えば結婚生活だって変わります。いくつになっても日々勉強。今はつくづく、そう思います。

結婚したって安定は得られない

今の夫と再婚し、私は生活の安定を手にした『つもり』でいました。しかし、結婚生活2年目のある日。夫から突きつけられたのは「来月で会社辞める。フリーランスになる」という衝撃的なセリフだったのです。

当時、我が家の貯蓄は数万円程度(私の個人資産は除く)。結婚相手の条件に”1つの職場に長く勤めている会社員”という項目を含んでいた私は、まるで詐欺に遭った気持ちでした。結婚が決まった時、夫から「フルタイムではなく扶養範囲内で働いてほしい」とも言われていたので余計にです。

”将来が不安だから結婚相手を探さなきゃ”なんて不純な動機で婚活をした結果、”結婚しても安定は得られない”ことを、身を持って知りました。だからこそ、私のように老後不安を理由に婚活を考えている人には、同じ轍を踏まないよう冷静になっていただきたいと思います。

結婚相手選びは難しい

当然のことながら、結婚相手と自分の相性が悪ければ幸せな生活は送れません。あなたがどんな相手を望んでいるのか、まずは明確化しておきましょう。同時に、結婚を考えている相手の性格を見極めるのことが重要です。

しかし、結婚生活というものは始めてみなければわかりません。私も結婚前は自信に満ち溢れた夫の言葉に惹かれていましたが、ふたを開けてみれば”相手の気持ちを考えない・自分勝手”なだけでした。家のことを相談しても当事者意識は低く、金銭感覚も全く違います。フリーランスへの転身の際も、私の意見になど耳も傾けませんでした。

こうした経験から結婚相手を選ぶときは、

  • 結婚相手の人生設計は?
  • お金に対する価値観は?
  • 相手の気持ちを理解しようと努力してくれる?
  • 我慢強さや責任感はある?
  • 自分以外の人に対する態度に問題はない?

などのポイントをチェックすることをおすすめします。その上で、穏やかな老後をともに過ごせる相手を選ぶことが重要です。

子どもを望まないなら焦る必要なんてない

私は婚活をスタートした時点で、すでに子なし希望でした。40歳間近の自分が婚活市場から置いて行かれる恐怖があり焦っていましたが、子どもを望まないのなら焦る必要などなかったのではないか?とも思います。

晩婚化が進む近年。アラフォー・アラフィフの婚活だってザラです。「若くてかわいい女の子がいい」なんて言う男性は無視しましょう。私も婚活中に「子ども好きです!子ども欲しいです!」と声高に叫んで20代女性を希望する40~50代男性を見かけましたが、鼻で笑っていました。

子どもを望まないのなら、焦らず自分に合った相手を探しましょう

1人で生きていく手段もある

再婚から4ヶ月が経った頃、私はコロナ禍の株価暴落に便乗して資産運用を始めました。あれからおよそ2年。利益はおよそ150万円程度まで膨らんでいます

私の場合、独身時代にコツコツと貯めた貯金(数百万)を、ここぞとばかりに投資したことが功を奏しました。そして思ったのです。「あれ?婚活スタート前にこの知識があれば、今も1人暮らし出来てたんじゃない?」と。

1人大好き!なHSP気質を持つ私。将来の不安さえ解消できれば、1人暮らしのほうがお気楽なのも事実です。今は可愛い愛猫2匹と出会えたことが何よりの幸せだと思っていますが、”アラフォー・子なし・非正規社員・離婚歴アリ”のスペックを抱えてもなお、1人で楽しく生きる手段はあったんだろうなぁと感じています。

少額でも資産運用するべき

今考えれば、資産運用は1人暮らしの時点で始めておくべき自分への投資だったのでしょう。長期運用が有利になるケースが多い資産運用は、始めるのが早ければ早いほどプラスになる可能性が高まります。離婚を考えているアラフォー子なし女性も、離婚前から資産運用の知識をつけることで貯蓄の幅が広がるかもしれません。

投資には色々な種類がありますが、リスクを最小限に抑えたい場合はインデックスファンドがおすすめ。利益が少ない分リスクも少なく、長期間運用をするには最適です。

資産はコロナのような世界恐慌時に大暴落する可能性もありますが、時期がくれば元の値段に戻る可能性が高いのもインデックスファンドの魅力。実際に、私が1万円程度で購入したeMAXIS Slim米国株式(S&P500)という銘柄は、2022年1月現在、1万8,000円代まで増額しています。コロナが始まった2020年3月に8,000円代まで落ち込んだ割に、回復も早かったです。

こうした知識を婚活スタート以前から持っていたら、今も私は地元で派遣社員として働いていたかもしれません。……といっても、私に資産運用の知識を授けてくれたのは夫の母なので、心配性の私が1人暮らしの段階で始める可能性は皆無だったんですけどね(汗)

投資信託の学習におすすめのYouTubeチャンネルはこちら↓

1人で強く生きられる可能性に今さら気づいたアラフォー女の話まとめ

この記事では、”アラフォー・子なし・非正規社員・離婚歴アリ”の元1人暮らし女が、「結婚前に資産運用の知識さえあれば、1人暮らしを続けていたのかなぁ」と思いをはせるお話をしました。

もちろん、結婚して得たものや楽しい時間もたくさんあります。逆に、不満が溜まればどうしても「1人になりたい」と考える瞬間もあるけれど、かわいい愛猫を見て幸せを感じるのも事実です。

だからこそ、現時点で婚活をしている(しようとしている)アラフォー子なし女性は、1人でも強く生きられる道があることを頭の片隅に置きつつ、焦らず行動していただきたいと思います。同時に、今後離婚して1人になる予定のある方は、資産運用の知識習得がおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました!
ランキングに参加中です。クリックしていただけると励みになります♪

↓   ↓   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる