子なし夫婦に一軒家は必要?2年半住んで感じたメリット・デメリット

みお

こんにちは、みおです。
今回は、子なし夫婦の一戸建て生活ってどうなの?というお話をします。

マイホームの購入を検討している人の中には、「本当に一軒家って必要?」「マンションのほうがいいのでは?」「一戸建てのデメリットは?」など疑問に思う子なし夫婦さんもいらっしゃるでしょう。そこでこの記事では、一軒家に2年半住んだ子なし主婦が感じる、一軒家のメリット・デメリットをご紹介します。

目次

子なし夫婦が一軒家に住むメリット

まずは戸建てのメリットをご紹介します。筆者は「子なしでも一軒家で良かった!」と感じる点が多いです。ぜひご参考にしてください♪

騒音トラブルが減る

戸建ての場合、分譲マンションに比べ騒音に対するトラブルが少ない点がメリットです。自分が発する生活音で他者を不快にする可能性が低く、夜中に余程の大声を出さない限り苦情を受ける心配がありません。

また、隣人などが発する足音や生活音も聞こえないため、音に敏感な人の場合はメリットを感じやすいでしょう。上の階や隣人が発する生活音に、イライラする心配もありません。

収納スペースが豊富

戸建てであれば、比較的多くの収納スペースが確保できます。建売住宅の我が家にも豊富な収納スペースがあり、災害に備えた在庫保管にも不自由しません。

使っていない部屋を丸ごと荷物の保管場所にするなど、子なしだからこそできる活用方法もあります。趣味のものや季節ものなど、荷物の多い子なし夫婦におすすめです。

庭やベランダが確保できる

集合住宅に比べ、庭やベランダを広めに確保できる点も戸建てのメリットです。”ちょっとした家庭菜園をしてみたい・お花を育てたい”と考えている人が楽しめるスペースが手に入ります。

また、庭を駐車スペースにすることもできるため、利便性を向上したい人にもおすすめです。

ペットが複数飼える

筆者が感じる一軒家の一番のメリットは、ペットの多頭飼いができる点です。近年ではペット可の分譲マンションも増えていますが、広さの問題で多頭飼いが難しい家庭もあるでしょう。

その点、戸建て住宅はペットの多頭飼いにピッタリ。可愛いペットに充分な広さを提供できるため、動物にとってもストレスの少ない生活を送りやすいです。ペットが出す音で近隣住民に迷惑をかける心配もなく、思う存分遊ばせることができるでしょう。

子なし夫婦が一軒家に住むデメリット

つづいては、子なし夫婦が一軒家に住むデメリットをご紹介します。

管理が大変

戸建てにはさまざまなメンテナンスが必要です。たとえば外壁塗装や屋根の修繕、設備のメンテナンスなどが挙げられます。

マンションも月々の管理費の支払いはありますが、戸建ての場合は業者の手配やメンテナンス時期の見極めをすべて住民が行わなければいけません。そのぶん手間もかかるため、購入前に必要な管理箇所をある程度把握しておくことがおすすめです。

不要な設備もある

建売住宅の場合、間取りが子なし夫婦に適していないケースも多いです。そのため、不要な設備を持て余す可能性があります。実際に我が家でも過去、ほとんど使っていない2階のトイレで異臭騒ぎがありました。注文住宅であれば問題ありませんが、建売住宅は設備が選べない点がデメリットです。

近隣住民との相性

記事の序盤に”騒音トラブルが発生しにくい”というメリットを挙げましたが、”近隣住民が外で騒ぐ・深夜に暴走族が走り回る”など、近隣住民や周辺環境によっては騒音に悩まされるケースもあるでしょう。

戸建ての場合も子どもの叫び声や犬の鳴き声が近所から聞こえてくる可能性は否めません。さらに、自宅の玄関近くで近所のママ友が輪を作っているなど、子なし女性が肩身の狭い思いをすることもあります。戸建てに限った話ではありませんが、住んでみなければわからないことも多い点はデメリットと言えるでしょう。

一軒家はこんな子なし夫婦におすすめ!

ここからは、実際に一軒家に住んでいる筆者が思う”戸建てがおすすめ”な子なし夫婦をご紹介します。

ペットを飼いたい夫婦

メリットの項目でもお伝えした通り、ペットの飼育を検討している子なし夫婦には一軒家がピッタリです。特に犬や猫の多頭飼いを希望している場合、戸建てであればペットがのびのびと過ごせる環境を与えることができます。夜中に室内で猫同士が運動会をはじめても、階下に迷惑を掛ける心配がないため安心です。

また、収納スペースが豊富でフードなどの必需品を多めにストックしておくこともできます。緊急時の物資不足を乗り切れる程度の在庫を手元に置いておけるでしょう。

音に敏感な人

防音対策が万全でないマンションの場合、上下左右だけでなく斜めに位置する部屋からも足音や生活音が聞こえてくるケースがあります。夜中に隣人が騒ぐ可能性もあるため、音に敏感な人には戸建てがおすすめです。

マンションの場合、騒音を出しているつもりがなくても苦情を受ける可能性も否めないため、不安を感じている人は一戸建てを検討してみましょう。

自家用車必須の人

自家用車必須の地域に住んでいる場合も戸建てがおすすめです。マンションでは車1台分の駐車スペースしか用意されていない可能性があり、夫婦が1人1台車を持っていると不便が生じます。しかし一軒家であれば2台分の駐車スペースも確保しやすく、利便性が向上するでしょう。

ガーデニングを楽しみたい人

庭やベランダで家庭菜園やガーデニングを楽しみたい人にも戸建てがおすすめです。筆者もベランダで複数のプランターを使いベビーリーフを育てています。

広いベランダにガーデンチェアを設置し、くつろぎの空間を作ることも可能。趣味や休日の時間を有意義に使いたい人にうってつけです。

平屋を希望している人

子なし夫婦の場合、2階建ての戸建て住宅は部屋を余らせてしまう可能性もあります。しかし、平屋であれば夫婦の2人暮らしに見合った部屋数で快適な生活が送りやすいでしょう。

2階建ての戸建てに住む筆者も「平屋がよかった」と感じることが多々あります。特に年を取って2階に上がるのがつらくなってきた場合、平屋のメリットは大きいです。

子なし夫婦に一軒家は必要?まとめ

この記事では、戸建て生活2年半の筆者が考える、子なし夫婦が一軒家に住むメリット・デメリットをご紹介しました。

一軒家には、騒音トラブルに発展しにくい・収納スペースや駐車スペースが確保しやすいなどのメリットが豊富です。その反面デメリットも多いため、子なし夫婦が一軒家を購入する場合は設備の内容や部屋数の吟味をおすすめします。

筆者は愛猫2匹がのびのびと暮らす今の戸建てを気に入っています。ペットの飼育を検討している子なし夫婦さんは、一軒家を検討してはいかがでしょうか(=^・^=)

最後までお読みいただきありがとうございました!
ランキングに参加中です。クリックしていただけると励みになります♪

↓   ↓   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる